門前町下田街道祭り


言成地蔵尊
駿河一國 百地蔵尊 第99番
言成地蔵尊の由来
貞亨4年(1687)春の事。三島の宿二日町(現、三島市東本町)に住む、尾州播の浪士尾張屋源内の娘で、当時6才になる小菊が、参勤交代の折り、通りかかった播州明石の城主、松平若狭守直明の行列を見ようと、道向かい側にいる小菊を母親が見つけ粗相があってはいけないとうっかり声をかけた。娘は自分を呼んだものと勘違いし行列の供先を横切ってしまった。
心ある役人は、「犬だ、捨てておけ。」と叫んだが間に合わず、小菊は供先役人に捕らえられ、本陣に引き立てられた。横暴で短気な25才の我がまま大名は「余の供先を横切りし不届き者、手を切り足を切り、極刑にせよ。」と怒り狂った。
本陣前に引き立てられた幼女小菊の事を聞き、町中は大騒ぎとなり問屋場、町名主、本陣等の総代が、命乞いをしたが許されず、ここに十万石の格式を持つ玉沢妙法華寺第24代日迅上人も下座に出て助命を乞うたが、これも聞き入れられず、泣き叫ぶ幼い小菊も小さな手を合わせ「何でもお殿様の言うことを聞くから堪忍してください。」と絶叫する幼女の声にも耳をかさず、哀れ小菊は無血の大名により、手討ちにされたのである。
この残忍さに上人は寺を去り、雲水の旅に出た。
父源内は我が子の仇を討たんがため、箱根山中の塚原新田松並木で大名を待ちうけ、火縄銃を打ち込んだが、供先役人の機転から空籠であり目的を果たさず、万こくの恨みを残して自害した。
父源内は、元 尾州播の砲術の名手であり、事情あって浪人しこの地において猟師を業としていたという。
この尾張屋源内親子の理不尽な仕打ちを憐れむ里人は幼い小菊の霊を慰めようと、地蔵尊として祀り、大名の言い成りに切られ、小菊が首の座に座ったとき必死で繰り返し叫んだ「何でもお殿様の言うことを聞くから堪忍してください。」との言葉にちなみ、「言成地蔵」と名づけて供養してきました。
以来、人々が思いを込めて詣でると、なんでも必ず願い事が叶えられると言い伝えられ多くの参拝者が引きも切らずに訪れている。
言成地蔵尊ではお札、お守り
ポストカード、陶器製のお地蔵さまの
セットを販売しております。
1000円

言成地蔵尊護持会
東本町1丁目商店振興会

例祭 毎年9月23日です
毎月 23日 言成講 
門前町下田街道祭り
大社前商店会 大社町商工振興会商店会
富士越薬局
アトリエ和
水口商店
べルーン
(有)日光陶器店
ヘアサロン しおざき
すぎうら
小早川酒店
丸屋薬局
えびすや
あめや寿司
わさびの山本食品
うなぎの澄乃坊
樺メ幸商店
ムラカミ屋(駄菓子 駒形屋)
後藤クリーニング店
挙n辺漆器店
(有)大村精肉店
許x内商店
堺や
有田商店
ミサワホーム三島店
青野人形店
堀井京染店
渠崎商店
杉山ビル
葛梔ョ燃料
ベルテイーホサカ
小沼保険事務所
大社町郵便局
柏木美容室
田畑画房
上杉ビル
折勇商店
保険堂薬局
大阪屋
埜村金物店
高橋ガレージ
巨ホ川鉄造種苗店
イナダ
門前町下田街道祭り 後援
三島市 三島商工会議所 三島市観光協会
言成地蔵尊護持会 三嶋大社

静岡県三島市のリンク集 
Yahoo! JAPAN
8月15、16、17日は三島夏祭り
地元シャギリ会も下田街道祭りを応援しております

大社町シャギリ会

日の出町しゃぎり
保存会

copyright(c) MONZENMACHI SHIMODAKAIDOUMATURI 2005 All Rights Reserved